今日で9月も最後。りんごの花保育園には、たくさんの秋が届けられました。栗・すすき・コスモス・・・。秋だな~ってしみじみ感じます。

 4月の入園・進級から半年過ぎ、子ども達は大きく成長しました。先週、6月末に育児休暇に入ってお休みしているT先生が、赤ちゃんを連れて遊びに来てくれたのですが、子ども達の変化にとっても驚いていました。「たった3ヶ月でこんなに子どもは成長するんですね。びっくりしました。」

 本当に子どもは短い間に成長します。身長・体重の伸びよりも、心の伸びの方が大きいんです。そんな子ども達に合わせて、つぼみ組(0・1歳児)で過ごしていた1歳児クラスの3人の子ども達は、はな組(1・2歳児)保育室に進級します。

 子ども達は環境(特に人)の影響を大きく受けるので、様々な刺激を受けてまた大きく成長することでしょう。自分でできる喜びが味わえるように、環境を整え、動線を見直したいと思います。一日の生活に見通しを持って自分で考えて行動できることが増えるように。

 年長組も、じっくりと考える姿や友達と話し合って決めることが増えてきました。頼りになる友達、手を貸してあげる友達、まだ生まれて5,6年しか経っていないのですが、しっかり周りの友達のことを見て理解できるようになっています。だんだん頼もしくなってくるので、困ったことがあると、つい、「どうしたらいいと思う?」と相談したりします。

 それぞれの年齢の一人ひとりの子ども達が大きくなりたいと力を蓄えています。深まる秋に向けて、じっくりと取り組める環境や活動を準備して、考える力を育てたいと思います。

特集記事