お迎えの時間

りんごの花保育園で一番賑やかな時間は、お迎えの保護者の方が次々に来られる16時半以降です。おやつを食べて、帰りの会を終えたりんご組(3・4・5歳児)の子ども達が、2階から元気に降りてきて、園庭が急に賑やかになります。その頃、一人、また一人と保護者の方がお迎えに来られ、今日の楽しかった子ども達のエピソードをお話ししようと待ち構えている先生たちとの楽しい会話が始まります。

 子ども達の成長を同じ気持ちで喜べるのは、ご両親の次に私たちかもしれません。毎日長い時間一緒に過ごしながら、子ども達が小さな壁をがんばって乗り越えていくのを傍で見ているのですから。

 私たちは、子ども達が成長した場面を見た時、「今日はお母さん(お父さん)に、この話をぜひしよう!」と思います。そんな気持ちでおうちの方のお迎えを心待ちにしているのですから、夕方のお迎えの時間は子ども達の元気な声に混じって、おうちの方と先生達の笑い声や弾んだ声でにぎわいます。

 開園して2年目ですが、子ども達はもちろん、保護者の方とも仲良くなり、話題は尽きません。時々、2年目だということを忘れるくらいです。

 先日は、3歳児のAくんのお母さんが、運動会の写真をたくさんプリントして、子ども達にプレゼントしてくれました。みんながみんなのことを知っていて、その成長を一緒に喜んでくれるのは、とても嬉しいことです。こんな時、小さい保育園でよかったと思います。

 人はみな心細さを抱えながら生きています。誰かが話しかけてくれたり、気にかけてくれると元気が湧いてきます。たまたまりんごの花保育園で出会った子ども達、そして保護者の方が、声を掛け合い、会話が弾み、元気をもらって明日また頑張ろうと思える場になれることを心から嬉しく思います。

 夕方、お迎えの人でにぎわう時間が私の一番好きな時間かもしれません。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square