ながら運転

もう12月。年々月日が流れるのが早くなるように感じます。クリスマスやお正月と楽しい行事が待っているのですが、12月と聞いただけでなんだか慌ただしい気持ちになってしまいます。

 1年の最後の日までに、やり残したことがないようにしたいと思うのは、日本人独特の気持ちでしょうか?車も急に多くなるので、いつも以上に気をつけなくてはと思います。

 12月1日から〇〇しながら車の運転をする『ながら運転』が厳罰化されました。『ながら運転』が引き起こす痛ましい事故が増えているからでしょう。最近、携帯電話を見ながら運転している人をよく見かけますが、20秒も30秒も(それ以上も!)携帯を見て運転するなんて信じられません。車は『走る凶器』と言われますが、急に前の車が停まったら、どうするのでしょう?自分が人の命を奪うかもしれない凶器に乗っている自覚があるのでしょうか。

 散歩中の保育園児の列に突っ込む事故も後を絶ちません。怖くて散歩に行けないと思うのですが、子ども達は散歩が大好きです。散歩に行かなくては見られない風景やできない経験があります。もうこれ以上子ども達から散歩の機会を奪わないでください。

 先日、娘が自転車に孫を乗せて、保育園に送っている時に、男子高校生の自転車とぶつかって転倒したそうです。幸いけがはなかったのですが、小さい子どもは、自転車から落ちるだけでも命にかかわります。

 相手の男子高校生は、イヤホンをして、携帯を見ながら自転車に乗っていたそうです。夜、心配して電話すると、孫は、「携帯はいやや(大阪弁が入っています)。」と、何度も言っていました。

 どんなに注意をしていても、事故は起こります。だからこそ、ハンドルを握ったら、細心の注意をして、運転に集中しなくてはと改めて思います。交通事故がゼロになる日が待ち遠しいです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square