卒園式はもうすぐそこに

コロナウィルス感染拡大の影響で、卒業式や入学式を中止するところが増えていますが、りんごの花保育園は、卒園式を行うことにしました。人数が少ないということもありますが、やっぱり2年間一緒に過ごしてきた子どもたちをみんなで送り出したいからです(中止を決定した皆さんも同じ気持ちでしょうが)。

 最近、りんごの花保育園の2階保育室には、卒園(お別れ)のムードが漂っています。他のクラスの子ども達が進級したので、年長組の子どもたちに、自分たちは小学校に行くんだという自覚が出てきたからでしょう。

 年中組の子どもたちに、「自分たちがいなくなってもがんばってね」と手紙を書いたり、卒園式に何の歌を歌いたいか話し合って紙に書いたりしています。だんだん手が届かないところに行ってしまうような気がして、寂しくなります。

 昨日は、年中組の時に担任だったN先生に、卒園式でピアノを弾いてほしいと自分たちで頼みに行ったようです。N先生が「泣いて弾けないかも・・・」と言うと、「先生、私たちだって悲しいんだからがんばってよ!」と背中を押されたそうです。やっぱり手が届かないところに行ってしまうのですね。

 多分、今まで35回ぐらい卒園式に出ていますが、毎回子どもたちに置いてきぼりにされるような寂しさを感じます。お母さんたちも、卒園式はバスタオルが必要と話されていますが、私も一番に泣かないよう気を引き締めます。卒園式まであと2週間。子どもたちとの時間を大切に過ごしたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square