こんな時こそ

コロナウイルス感染防止のため、登園を自粛する子ども達が増えて、今週は40%位の人数です。1階の保育室、2階の保育室から聞こえてくる子ども達の声がいつもより小さくて、少々心細い感じがします。

 りんごの花保育園では、登園は保護者の方の判断にお任せしています。保育園に来ると、他の子ども達や先生達と必ず接触するので、ご家庭で保育をされるよりも、リスクは高くなります。

 それでもお仕事が休めない方や保育が必要であれば、お子さんをお預かりしています。登園している子ども達は、いつものお友達がいないので、なんとなく物足りなさそうで、夕方になると保護者の方のお迎えを待っている様子が見られます。やっぱり心細いのでしょうね。

 どんな時も、子ども達が園で楽しく過ごせるようにするのが、私達の役割なので、私達自身がもっと元気を出していかなくては・・・。コロナウイルスに負けない(跳ね返すくらいの)おもしろいことを考えなくては・・・!

 そう言えば、今週は先生達がいろいろな被りモノを作っていました。ゾウやうさぎ、電車の運転手さんの帽子(銀河鉄道777?と聞いたら、子ども達に全く通じませんでした)を被って楽しそうでした。絵の具遊びやスライムも作っていました。先生達はやっぱり子ども達が楽しく過ごせるようにいろいろ考えてくれているのですね。どんな時も、子ども達のために・・・。

 園庭で遊んでいると、通りがかりの人や車に乗っている人が、嬉しそうに子ども達の姿を見てくれていることに気づきます。辛い時、不安な時、子どもの元気な声や笑い声は力を与えてくれるのでしょう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square