長期お休みをしている保護者の方からお電話がありました。久しぶりに懐かしい声を聞いて、いろいろお話しして、とても嬉しく、ホッとしました。

 「ずっとお休みしていると、保育園のありがたさを改めて感じます。」と言われましたが、私の方こそ、子ども達が全員揃って登園してくれることがどんなに幸せだったのか感じているところです。

 お家で過ごす時間も長くなり、様々な工夫をされているようです。鉄棒を購入して前回りや逆上がりができるようになったというメールも頂きました。知らないところで大きくなっているんだなと思うと、嬉しい気持ちと同時に少し複雑な心境になります。

 今日は、保護者の方から、「保育園に支えてもらってると感謝、家族の一員ですね」というメールが来て胸が熱くなりました。一日の大半を一緒に過ごし、共に喜びや心配を分かち合っているので、本当に家族のようです。

 昨日も、病気で入院していたHくんが退院して、久しぶりに園に来てくれたのですが、お迎えに来られていた保護者の方や先生達みんなで「退院おめでとう」と拍手をして、Hくんの退院を喜びました。家族のような温かさに包まれ、とっても幸せな気持ちになりました。

 子ども達と保護者の方とこんなに強い絆で結ばれていることに、改めて気づかされました。これはコロナの副産物でしょうか。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square