入学、おめでとう

やっと本日、小学校の入学式が行われました。午後から、嬉しそうな卒園児の子ども達が6人(全員です!)揃って、りんごの花保育園に来てくれました。

 色とりどりの真新しいランドセルを背負った6人の子ども達は、卒園して2ヶ月、身長も伸びて、顔つきも少しお兄さん、お姉さんになっていました。久しぶりに卒園児の子ども達に会えて、在園児の子ども達(土曜日なので、少なかったのですが)も、恥ずかしそうで、嬉しそうでした。

 やっとやっとこの日が来ました。いつになるかわからず、ただじっと待たされた2ヶ月間、どんな思いで過ごしてきたのでしょう。

 小学校の入学式は、やっぱり憎きコロナウイルスのせいで、短時間で限られた人数の中で執り行われたそうです。来週から始まる学校も分散登校で、週に2日登校するところから始めなくてはいけないようです。

 そんな大変な中で入学式が行われたのに、みんなでりんごの花保育園に行こう!と思ってくれたことがとても嬉しかったです。ずっとずっと、6人が仲良しでいてくれるといいなと思います。今日はお休みだった先生達も、小学生になった子ども達にどうしても会いたいと来てくれました。

 夜、卒園児の保護者の方からメールが届きました。園の駐車場でお別れをする時に、6人みんなで手を繋いで『さよなら、あんころもち』をしたそうです。その動画も一緒に送って下さいました。保育園にいた時のままの子ども達の絆の強さが短い『さよなら、あんころもち』の中に映しだされ、胸が熱くなりました。

 「自分が好きで、お友達が大好きな子」に育てて下さったことに感謝しますとメールを送ってくださいましたが、それは子ども達一人一人が優しさや人を思いやる気持ちをたくさん持っていたからです。そんな子ども達の傍にいられた2年間を振り返り、私も感謝の気持ちでいっぱいです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square