誕生日と・・・

8月6日。今日は、私の何十回目かの誕生日でした。夕方、りんご3組(

5歳児)のKちゃんとYくんに、「園長先生、ちょっと2階に来て。」と言われ、階段を上がると、「目をつぶって」と言われました。「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ。」と言うKちゃんに手を引かれ、久しぶりに目をつぶって歩くと、怖くてドキドキしました。

 りんご組保育室に入ると、子ども達がキラキラの笑顔で座っていて、「園長先生、お誕生日おめでとう!」と大きな声で何度も祝ってくれました。幸せです。貝や石に色を塗って、きれいに飾られたステキな誕生日カードもプレゼントしてもらいました。

 誕生日はいいですね。先週土曜日、卒園児の子ども達にお祝いしてもらった時も、心からそう思いました。少し前にブログに書いたのですが、3歳児のAくんが、明日誕生日にしたいと思う気持ちもよくわかりました(今朝も、Aくん、明日誕生日なんだとお話しに来てくれました)。

 ここにいることができて良かった・・・しみじみと感じました。いくつになっても誕生日はやっぱり特別な日です。

 先生達から、花束やメッセージが書かれた色紙(パズルになっています)、おまけに生まれた年のワインまで頂きました。なんだか・・・とても嬉しかったのですが、やけに赤色が目立ちます。

 花束やワインのラッピングも赤、子ども達からの誕生日カードも赤・・・。気づかれていたのですね。いくつになったか絶対に言わないようにしようと思っていたし、子どもたちにも訊かないで(不思議そうな顔をしていました)と言ったのですが、気づいてもらっていたのですね。

 ありがとうございます。この歳まで保育園にいられることに心から感謝しています。私の財産は、人に恵まれていることです。これからもどうぞよろしくお願いします。

す。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square