9月 キラキラデー報告

  今日のキラキラデーでは、テーマが『米』のキンキラグループがJAさんに許可をもらって、みんなで田んぼに案山子を運んでいきました。自分達で作った『ブンブンくん』とのお別れは少し寂しそうでしたが、子ども達の代わりに、お米を鳥から守ってくれるでしょう。雨が降ったらどうする?とブンブンくんの心配は尽きないようですが、これからも稲の成長と共にブンブンくんの活躍を見に行く予定だそうです。


テーマが『虫』のむしグループは、アリが好きな食べ物は何か調べるために、実験を行いました。フタつきのクリアケースの中に、Aくんがおうちから持って来てくれた玉ねぎ、ピーマン、ごはん、クッキー、ポッキーや、Sちゃんが持って来てくれたはちみつ、担当のF先生が持って来たきゅうりなどを置いて、アリがどの食べ物に行くか観察しました。


 どの食べ物にいくか、子ども達に予想してもらうと、みんな(私も含めて)砂糖、はちみつ、クッキーなどの答えが返って来ました。結果・・・夕方見に行くと、アリはごはんに集まっていました。その前は玉ねぎやきゅうりに集まっていたそうです。とても意外な結果に驚いてしまいましたが、アリは甘いものが好きだというのは思い込みでしょうか?次回は他のアリを捕まえて実験を行うそうです。不思議がどんどん広がっていきますね。


 田んぼに行ったキンキラグループ5歳児のRくんは、田んぼの近くで、大カマキリを捕まえ、手を噛まれながら虫グループに持って帰って来てくれたそうです。大カマキリは動くものしか食べないそうなので、しばらく飼ってその生態も調べるそうです。


 

テーマが『影』のくるまグループは、自分達で作った影装置で影絵をする予定です。今日は、なんのお話をするかみんなで話し合っていました。楽しそうなお話、『スイミー』『いもむしれっしゃ』『あおくんときいろちゃん』『おばけのコンサート』などのお話が候補に挙がっていましたが、子ども達の好きな場面や登場人物を組み合わせて、オリジナルのお話ができそうです。


 キラキラデーではグループ同士の繋がりが強くなるとともに、他のグループの活動に役立ちそうなことがあると、すぐに教えてくれます。1年間同じテーマで取り組めるのかな?と思っていましたが、このまま広げたり深まるような活動ができるかもしれません。ますます楽しみになって来ました。


特集記事
最新記事