お手伝い

 昨日の午後、「りんご3組の子ども達と一緒に草取りに行きたいんだけど、どうですか?」と担任のY先生に訊くと、「子ども達に聞いてみますね。」


 すぐに、「今からでも行きたいって言ってます。」という返事が返って来ました。「草取りに行きたいんだけど、行きたい人?」と声を掛けると、12人中9人の子ども達が手を挙げてくれたそうです。


 りんごの花保育園の駐車場は少し離れた場所にあります。りんご3組ともなれば、交通ルールもしっかり理解していて、「先生、車来てるよ。」と教えてくれるほどなので、移動も苦にはなりません。駐車場では、三々五々散らばって草を取ってくれました。草を取っている時、Mちゃんがとても上手に抜いていたので、「草取りしたことあるの?」と聞くと、「ううん、初めて。」という返事が返ってきました。さすが現代っ子です。


 草取りの経験があるAくんに、「根っこから抜かなくちゃいけないんだよ。」と教えられた子ども達は、慎重に草を抜いていました。子ども達が一生懸命集中して草取りをしてくれたので、あっという間にきれいになりました。その後、広い駐車場で、鬼ごっこを楽しんで園に戻りました。


 子ども達は、お手伝いがとても上手です。頼むと一生懸命がんばってくれます。小さくても人の役に立つ喜びを感じるのでしょうね。おうちでもお手伝いをする機会をぜひ作ってください。子どもに頼むと時間や手間がかかるからとお手伝いをさせないと、手伝わないことが当然になってしまいます。


 小さいころから、決まったお手伝いを毎日続けることで、家族の一員である意識と、人の役に立つ喜びを感じることができます。スリッパを並べる(りんご組の子ども達は、トイレのスリッパをきれいに並べることが習慣になっています)、食事の前にテーブルを拭く、タオルを掛け替えるなど、なんでもいいのです。毎日続けられて、お手伝いをしたら、「ありがとう」と言ってもらえることをさせてあげて下さいね。


 駐車場の草取りをしてもらったのは初めてですが、子ども達の意欲的な姿が嬉しく、私自身も草取りが楽しい仕事のように感じられました。子ども達のおかげで、今日も気持ちよく駐車場を使えました。


特集記事