バス遠足

貸切バスに乗って、『海の中道マリンワールド』に行ってきました。改装されて初めて行きましたが、より生き物の生態が見やすくなって迫力がありました。

 子ども達はいろんなことを発見するので、一緒に行くと楽しいです。隅っこにいる小さいカニを見つけたり、不思議な形の貝を発見して、大人が気づかないことを教えてくれます。

 事前に図鑑で調べていたようで、魚の名前を教えてくれる子もいました。コバンザメがくっついているのを見て、「ほら、ここにヒダヒダがあるからくっつくんだよ。」と5歳児のSくん。昨日もずっと図鑑を見て研究していたようです。りんごの花保育園になって、子どもはこんなに図鑑をよく見るということに気づきました。2歳児も、図鑑を見るのが好きで、ページをめくってはじっと眺めています。大人は、名前や特徴など文字から情報を集めようとしますが、子どもは興味があるものをしっかり見ることで記憶に残すのでしょう。

 今日の遠足は、グループに分かれて行動したので、子ども達の意見を聞きながらたくさん見て回ることができました。時間を有効に使うことができ、子ども達が自分で考えて行動することができて良かったと思います(先生達は少しも気が抜けなかったでしょうが・・・)。パンフレットを手放さず、地図を見ながら〇〇を見たいから、〇番に行こう!とりんご1組(3歳児)の子ども達までもしっかり自己主張していました。

 発見だったのは、子ども達はイルカショーよりも、大きな水槽や生物を見る方が好きだったことです。大人は、人間の指示通りに動くイルカやアシカに驚き、感心しますが、子どもはそのままの生態に魅力を感じるようです。子どもに学ぶことがたくさんあります。

 夕方、「今日、楽しかった~!」「お弁当、おいしかったよ。」とお迎えに来られたおうちの方に笑顔で話す子ども達を見て、私まで嬉しくなりました。お弁当にはおうちの方の愛情がたくさん込められていました。子ども達はその愛情を感じ、今日の遠足がさらに楽しい思い出となって心に残ったでしょう。お忙しい中、美味しいお弁当を作ってくださってありがとうございました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square