ワクチン

 昨日、福岡市からメールが来て、保育従事者に優先的にワクチン接種をすることにしたので、希望者の名簿を提出するよう要請されました。ワクチンの優先順位は、医療従事者・高齢者・高齢者施設従事者と聞いているので、その次に保育従事者が指定されたのでしょう。子ども達の命を守るために、嬉しいニュースです。早速、先生たちにも周知して希望する人に接種してもらうことにしました。もちろん、私も接種を希望します。


 先日短大で授業をした時に、学生にワクチン接種をするか尋ねたところ、「怖い」「いやだ」という声が上がったのでちょっとがっかりしました。理由を尋ねると、副反応が怖い、注射が痛いという声も聞かれました。確かに可能性がゼロではない副反応は怖いですね。誰も絶対大丈夫とは言えないので、強制はできません。


 でも、活動範囲が広い若い人がワクチンを接種しなくてはこの感染を止めることは難しいでしょう。正しい情報を収集して、ワクチンを打てない子ども達やアレルギーがある人を守るためにもワクチンを接種してほしいと思います。


 国の人口の80%がワクチンを接種したイスラエルでは、感染拡大が収まっているというニュースは、明るい希望をもたらしてくれました。世界諸国と比べると、日本のワクチン接種率はかなり低いのですが、福岡市からこんなメールが来るということは、きっと近いうちに、確実にワクチンが入手できるのでしょう。


 医療は日進月歩です。注射をしなくても、無数の針が埋め込まれているパッチを貼るだけでワクチンが接種できたり、錠剤で接種できる研究も進んでいるそうです。まだまだ楽観はできませんが、希望を持って前に進むための材料は揃っています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索