一時保育

 時々、一時保育をされていますか?と問い合わせの電話があります。残念ながら、一時保育はしていません。お預かりできるお部屋がないからです。周りに頼める人がいない人はたくさんいらっしゃると思います。冠婚葬祭、病院を受診したいなど緊急性が高いものから、美容室に行きたい、友達とランチに行きたいなどちょっと息抜きをしたい時もあるでしょう。


 そんな時に預かってくれる場所があるといいですね。私が子育てをしていた時は、お隣の人に預けて・・・ということもできましたが、今ではどうでしょうか?


 私が子育てをしていた頃、痛ましい事故が起こりました。いつも子ども同士が仲良くしていたご近所の方にお子さんを預けた時に、不幸にも預かったお子さんが事故に遭って命を亡くしてしまいました。預かった人はもちろん、預けた人が裁判を起こしたので、そちらにもひどいバッシングがありました。その事件が起こった後、預けたり、預かったりすることがずいぶん減ったように思います。


 保育園で行っている一時保育は、一時保育のためのお部屋で預かっていることが多いようです。慣れない場所で泣いてしまうことが多いので、保育園に通っている子どもたちと一緒に過ごすのは難しいからでしょうね。


 0歳から2歳までの保育園の入所率はここ17年の間に20%から40%に増えています。17年前、女性の社会進出を後押ししたい政府が挙げた目標が40%だと聞いて、そんなに利用する人がいるのかなと思ったのですが、現状はそれ以上の勢いで増えました。


 コロナ禍で、経済的に厳しい状況になり、今後働く母親が増えるのかもしれません。それだけでなく、子育ての閉塞感や孤独感から子どもを預けて働きたいと思う人もさらに増えるでしょう。


 慣れ保育で泣いている子ども達を見るとかわいそうに思いますが、規則正しい生活や安全安心な給食、同年齢や異年齢の子ども達とのかかわり、新しい経験で成長が促されることを考えると、子ども達にとっても、お母さん達にとっても保育園に預けることは決して良くないことではありません。そう思ってもらえるよう、私たちも保育のプロとして日々勉強しています。


 毎日預けたいわけではなく、1週間に何日か何時間か見てほしいというニーズにも応えられるといいなと思っています。

特集記事