top of page

外部講師

 寒い一日でしたね。家が近くて積雪しても大丈夫なので、朝早くから出勤しました。3年前の積雪で転んで骨折をした苦い経験がずっと残っていて、雪の日はとても緊張します。10年に1度の積雪と言われたほどはなかったのですが、明日の朝は景色が一変しているのでしょうか?帰宅時は、冷凍庫の中で扇風機の強風を受けているような感じがしました。


 そんな寒さと強風の中、子どもたちは外で遊んでいました。強いですね。でもやっぱり寒かったのでしょう、ずっと体を動かしたり、大声を出したりして寒さを吹き飛ばそうとしていました。「寒くても戸外遊びをしようと思っている園は、掲示板に『温かい服装で登園させてください』と書くといいですよ」と、親切な保育関連の会社からメールが届いていましたが、りんごの花保育園は寒くても外遊びをすることを保護者の方が理解してくださっているので大丈夫ですね。明日は手袋があると、おもいきり雪遊びを楽しむことができそうです。


 今日は、イギリス人のグレイアム先生の英語教室がありました。「イギリスは寒いので、日本の寒さは大丈夫ですね?」と尋ねると、「日本に来て20年近くなるので、もう寒さには強くない」と言われて笑ってしまいました。良くも悪くも馴化するんですね。


 グレイアム先生にもすっかり慣れて、つぼみ組(0歳児)の子ども達も興味津々でしっかり英語教室に参加していました。1歳児や2歳児が笑ったり、体を動かしたりする姿を見るだけで楽しいようです。言葉を覚えたての子どもたちにとって、外国語は違和感なく入力されるのかもしれませんね。1・2歳児は、英語の色の名前を発音しながら周りにある色を探していました。


 りんご組(3・4・5歳児)は、グレイアム先生に色の名前を訊かれて、英語で答えていました。天気も英語で答えられるようになっています。グレイアム先生は遊びながら、ユーモアたっぷりに教えてくれるので、楽しく覚えられるのでしょうね。


 りんごの花保育園では、毎週1回の体育教室(以上児のみ)、月1回の英語教室とお話し会に外部講師の先生が来てくれます。担任の先生は大好きですが、外部講師の先生はそれぞれ得意なことを教えてくれるので、子どもたちは意欲的に取り組んでいます。いろいろな方の力を借りながら、子どもたちの興味を広げられるといいなと思っています。



特集記事
最新記事