top of page

自主実習

 先日、S先生からちょっと悲しい話を聞きました。以前勤めていた保育園に、今年4月卒園児が就職したそうですが、辞めてしまうことになった・・・理由は『職場の人間関係』だそうです。保育士の離職率は高く、その理由は『人間関係』が一番多いというデータがあります。


 卒園児が就職してくれるなんて、私たちにとって最高に嬉しいことなのに、たった4ヶ月で辞めてしまうなんて、何があったのでしょう?もったいないです。


 先日、短大の最後の授業で、「福岡市の認可保育園に就職すると、福岡市から住宅手当が毎月1万円、奨学金を返済する人には奨学金返済補助として毎月1万円(借入額で差があります)くらいプラスされます。給与体系も近隣の市町村よりも高いです。」と福岡市の認可保育園のPRをしました。


 聞いていた学生から、「いいね」という反応がありました。保育士の給与は他の職種より低いので、少しでも高い給与がもらえるのは嬉しいですよね。福岡市でも保育士不足で困っている園長先生方の話をよく聞くので、福岡市の認可保育園でぜひ働いてほしいと思います。


 さらに学生には、自分が目指す保育をしている保育園を探して就職してほしいということも話しました。ある日突然辞めてしまった人や、たくさんの仕事を引き受けて運動会前日に辞めてしまった人の話を聞いたことがあるからです。


 授業が終わって、二人の学生が相談に来ました。「保育園に就職したいけど、どの園がいいかわからない。」と悩んでいました。「ホームページで探して、自主実習をさせてほしいと電話をすればきっと引き受けてもらえると思うよ。実際に行ってみないとわからないでしょ。」と言うと、「でも、電話をかけにくい。なんて言ったらいいかわからない・・・。」


 短大で授業をして15年になりますが、学生の姿が変わってきました。以前は、反抗的な感じの学生もいましたが、最近は、おとなしくて真面目な学生が多いように思います。それはよいことなのですが、内向的で人との付き合いが上手ではないようにも思えます。


 保育園・幼稚園で働きたいと、せっかく2年間勉強して資格を取得するのですから、長く勤めてほしいと思います。そのためには、以前もブログに書きましたが、保育園には、園の情報を詳細に出していくことが必要でしょう。そして、もっと気軽に自主実習できる環境づくりが必要なのではないでしょうか?


 「いい人材がほしい」、「自分に合った保育園で働きたい」両方の願いを叶えるためには、たった1回の面接では難しいと思います。コロナ禍ではありますが、気軽に自主実習ができるシステム作りが必要だと思います。ちょっと内気な学生のためにも、QRコードなどを使って、申し込みのハードルを下げることもいいのではないでしょうか。

Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page