雨は嫌い

 昨晩から降り続く雨にうんざりしながら出勤しました。雨は嫌いです。子ども達と保護者の方が歩く道が大変だろうと思うといつも申し訳ない気持ちになります。


 久しぶりのまとまった雨でしたが、やっぱり雨は嫌いです。お子さんを送ってこられたお父さんが、「雨だって必要ですよね。雨が降らないと、野菜も高くなるし・・・。」と言われました。うん、うんと思いながら、それでも雨は嫌いです。


 玄関に降り込む雨と格闘しながら、いろいろ改善策を考えていました。「土嚢を置いたらいいんじゃないですか?」と言われたので、早速購入してみました。改善できるかどうかわかりませんが、いろいろチャレンジしてみます。

 

 降り続く雨の中、子ども達は楽しそうに登園してきます。レインコートや長靴、傘が嬉しいようです。恐竜だったり、新幹線だったり、お花だったり、好きな絵がついています。好きなものを持っているだけで楽しくなる子ども達がうらやましいです。


 新入園児で3歳児のOくんは、いつも歩いてくれないそうですが、「レインコートと長靴が嬉しくて今日は歩いてくれました。」とお母さんが話してくれました。


 昨日、園の前の駐車場の会社の方に、駐車場を一部借してもらえないか訊きに行ったのですが、断られてしまいました。車の出入りが多いので、事故につながるのが怖いということでした。確かにそうですよね。リスクがわかっていて、貸してくれる企業はありませんよね。でも、雨の日に子どもを抱っこして、荷物を持って歩く親子のためなら・・・・と思ったのですが、現実は厳しいです。


 開園して5年目を迎え、岐路に立っていることを感じます。周りの状況や将来についての見方も変わりました。雨に打たれたりんごの花はすっかり落ちてしまいましたが、その下で小さな実が大きくなるために準備をしています。雨にもりんごの花にも負けないぞ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square