top of page

鬼ごっこ

 抜けるような青い空・・・という表現を考えた人はすごいです。今日は他の言葉を思いつかないくらい“抜けるような”がピッタリの青空でした。


 先週の運動会でお休みしていた5歳児のHくんと、体調不良で運動会に来られなかったAちゃんのお母さんに来てもらって、近くの公園で組体操とカラーガードを見てもらいました。これまでがんばってきたことをぜひお母さんたちに見てもらって、その成長を感じてほしいという担任のM先生の思いからです。


 見学の方々とお話していたので、組体操とカラーガードを見ることはできなかったのですが、Hくんのご両親もAちゃんのお母さんもしっかり見てくださったそうです。公園に着いたときには、子どもたちはそれぞれ遊具や鬼ごっこをして遊んでいました。運動会が終わった後の解放感で、子どもたちは大きな声で笑ってしゃべって、あちらこちらで歓声が上がっていました。


 りんごの花保育園の園庭は、5歳児の子ども達には狭いので、広い公園に行くと思いきり走って、高い遊具に上って、大きな声で叫んで本当に楽しそうです。M先生に「園長先生、1回だけ子ども達と鬼ごっこをしてください」と言われたので、本気で走りました。本気で走ったのは久しぶりです。子ども達は走るのが早くて、追いつけないような気がしたのですが、運よくKちゃんをタッチすることができてホッとしました。


 M先生は肩が痛い、A先生は腰が痛い、私はあちこち痛くて、なかなか子ども達と鬼ごっこができませんでしたが、ほんの短い時間子ども達と一緒に走れて楽しかったです。きっとどんなに本気で走っても5歳児の男の子達には追いつけないと思います。


 でも、来週火曜日にもっと広い公園にバス遠足に行くので、本気のかけっこをしてみようかな~とこっそり考えています。まだまだ子ども達には負けたくないからですね。

Komentarai


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page