top of page

初登園

 1か月以上前のブログに書いたのですが、お母さんと一緒に見学に来てくれて、「ここいいね。」とお母さんにそっと話してくれた恥ずかしがり屋の5歳児のEくんが今日からりんごの花保育園に入園しました。


 新しい友達の登場に、りんご組の子どもたちはウキウキ・ワクワクです。特にりんご3組(5歳児)が嬉しくてたまらないようです。2歳児から3歳児に進級する時に転居されたご家庭が多く、それ以降新しい友達が増えなかったので、子どもたちには一大事です。Eくんの一挙手一投足に注目が集まります。


 それにしても、見学に来てくれたのは8月中旬で、入園したのは10月。年長児でもあるので、もう少し早く入園できないものかと思います。福岡市は人口も多いので、ルールを明確にしなくてはいけないのでしょうが、もどかしいルールも多いです。


 運動会まで2週間なので、入園したとたんに運動会の練習です。今日は体育教室のT先生の指導で、器械体操(跳び箱・マット・鉄棒)と組体操の練習です。10月なのに、強い日差しの中、初めてのお友達と手をつないだり、足を持ったりしながら組体操もがんばってくれたEくん。明日の登園を嫌がらないといいのですが・・・。


 初めての登園で、11時くらいに迎えに来てくださったお母さんは、「大丈夫ですよ。」と子どもたちの組体操が終わるまで温かく見守ってくださいました。


 担任のY先生が心が温かくなるエピソードを教えてくれました。「寂しくなった時に、『これを見てね』」と、Eくんの手にはお母さんが描かれた小さなハートマークがあり、Eくんは、時々手のひらを広げてそのハートマークを見ていたそうです。素敵ですね。お母さんの「がんばれ!」「だいじょうぶだよ!」という声が聞こえてきそうです。


 Eくんにとって、最初の登園はハードだったかもしれませんが、これから楽しいことがたくさん待っています。Eくんのペースで少しずつ新しい生活を楽しんでくれるといいなと思います。

特集記事
最新記事