居場所

 どこにも自分の居場所がない・・・と思っている人が世の中にはたくさんいるのでしょうね。居場所は誰かに準備してもらうのではなく、自分で作るものだと思うのですが・・・。居場所がないと嘆く声を聞くことが多くなったような気がします。なぜでしょう?


 学校や社会に適応できずに、悩んでいる人がたくさんいます。コロナで人との付き合いが制限されているので、さらに生き辛い世の中になっているのでしょう。他の人とコミュニケーションを取らなくても済むようになり、その方が楽だと思うようになっているのかもしれません。


 コロナは身体だけではなく、人の心にも大きな影響を与えています。3年間も人とのコミュニケーションに制限をされているのですから、心のバランスが崩れたり、人と話をするのを避けるようになってしまうのも仕方ないのかもしれません。


 目と目を合わせて話をするのが怖いという人が増えているという話も聞きました。私たちは、思っているよりも心に大きなダメージを負っているのでしょう。コロナ感染が急拡大して、さらにコミュニケーションが取りづらくなり、また人との距離が開いてしまうのが怖いです。


 でも、居場所はきっとあります。「誰かがここがあなたの居場所ですよ。」と言ってくれるわけではなく、あなたがそこにいて、挨拶を返したり、「うん、うん。」と話を聞いたり、おもしろいことがあったら一緒に笑ったりするうちに、そこがあなたの居場所になるのだと思います。焦らずに、時間をかけて

今いる場所を居場所に変えてほしいと願います。

 



特集記事
最新記事