歩こう

 毎朝、歩いて登園しているYちゃんとお母さんが、通園している途中で見つけたお花の写真を見せてくれました。ピンクの可愛いお花です。「園長先生に聞いたら、何の花かわかるかも?」と言いながら見せてくれました。


 写真だけでは分からなかったので(期待に応えられずすみません)、「お花を一つだけ、それか葉っぱだけでも見たらわかるかも?」と言うと、土曜日お花を一つ取ってきてくれました。紙コップに入れたお花は今も元気に咲いています。


 とてもかわいいピンク色の花です。桃の花ではないでしょうか。この時期、

桜、梅、桃の花が咲くので、見分けるのはなかなか難しいですが、見分けられなくてもきれいなものはきれいですね。妹の家の庭にアーモンドの花が咲いているのですが、それもピンク色の大きな可愛い花です。昨年、アーモンドが何個か実ったのを見ていたので、「おいしかった?」と聞いたら、「ぺしゃんこであまり実が入っていなかった。」とちょっと不満そうでした。アーモンドは花を楽しむためのものと思えるくらい、きれいで大きな花が咲きます。同じように杏子の花もピンク色でかわいいです。


 私は歩いて出勤しているので、途中に咲いているロウバイ、沈丁花にとても癒されています。良い匂いがします。毎日寒いのでいやだな~と思うのですが、花を見ると季節が確実に春に向かっていることがわかって元気が湧いてきます。


 毎年、春は沈丁花、秋は金木犀の香りで季節の移り変わりを感じます。沈丁花が好きなので、自宅の狭いベランダで育てているのですが、今年もきれいな花を咲かせてくれました。


 春です。歩きましょう。自然の変化に気づき、心が動きます。お子さんと一緒に歩けば、さらに楽しい散歩になるでしょう。小さな自然の変化に気づくのは子どもたちの方かもしれません。子どもと手を繋いで歩く・・・最高の幸せですよ。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square