茶話会

 今日は小戸公園にお別れ遠足に行く予定でしたが、昨日の天気予報で降水確率が40%だったので、保育園の中で茶話会をすることにしました。朝、目覚めるとうっすら陽が射していたのを見てがっかりしました。今年度は天気に泣かされます。


 でも、気持ちを切り替えて、楽しい茶話会にしようと思いました。コロナ禍なので、できるだけ人との距離を取ってと思いましたが、自然にくっついて保護者の方同士の会話も弾んでいました。マスクを着用して、穏やかに話されていたので大丈夫だと思います。


 茶話会の目的は、小学校に行っても保護者の方同士が繋がっていてほしいという思いでした。小学校に行くと、授業参観くらいでしか顔を合わせることがないので、親しい友達ができることはあまりないようです。困った時、「ウチも同じよ。大丈夫よ。」と話せる人がいると心強いと思います。


 りんごの花保育園開園の時に、年少組で入園した子ども達が卒園なんて感無量です。初めて集団生活を経験する子ども達が多く、よく泣きました。よく怒っていました。よくケンカしました。そんな子ども達が、こんなに友達のことが良く分かるようになり、仲良しになったのです。一人一人の子ども達がしっかり成長したのは、友達のおかげです。その友達のことを今日の茶話会でしっかり見てほしいと思いました。


 茶話会で同じテーブルに座っていたHくんが、「今日はサイコー!」と言っていました。お菓子がたくさん食べれたのも嬉しかったのでしょうが、お母さん、友達、友達のお母さんやお父さんと一緒に楽しい時間を過ごせたことが嬉しかったのだと思います。


 茶話会の後は、いつもりんご組で散歩に行っている室見川河畔公園にみんなで行きました。私はお留守番でしたが、Jくんのお父さん、お母さんが一緒に鬼ごっこをしてくれて、子ども達はとっても嬉しそうだったそうです。


 コロナウイルス感染拡大防止のためにできないことがたくさんありましたが、最後にみんなで楽しい時間を過ごせてよかったと思います。りんごの花保育園でつながった絆がこの先もずっと続きますように。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square