top of page

意欲

 昨日は体育教室があったのですが、3歳児のWちゃんが逆上がりができたそうです。5歳児でも難しいので、見ていた子どもたちや体育教室のT先生もびっくり!


 今日の午前中、私も見せてもらいましたが、いとも軽々と回っていたので驚きました。逆上がりは、両手の力や筋肉の動かし方など体をバランスよくつかわなくてはいけないので難しいのに、Wちゃんは、どうやって身につけたのでしょう?身体能力が高く、バランス感覚がいいのでしょうね。


 それを見ていて火が付いたのは5歳児の子ども達です。まだ逆上がりができる子は一人しかいなかったのですが、3歳児ができるんだから自分も・・・と思ったようです。今日のお昼も鉄棒には5歳児の子どもたちが集まって練習していました。友達の姿を見るのはとても大事ですね。自分もできるかもしれない、できるようになりたいと思う意欲がメラメラ湧いて来たようです。


 体育教室のT先生が「今年の5歳児は、運動会までにみんな逆上がりができるようになるんじゃないかな」とおっしゃっていました。ずっと子どもたちを指導して来てくれたT先生が言われるので間違いないと思います。今年の5歳児は、その気になれば、力を発揮できる子どもたちだと思うのですが、これまではあまり欲がなく、なんとなく自分たちの殻の中で収まっているような気がしていました。3歳児のWちゃんの逆上がりを見たのは大きな刺激になったのではないかと思います。


 競争心を煽ってしまうと、友達を押しのけても〇〇したいと思ったり、できない子に対して優越感を持ったりしてしまいます。できることはいいことですが、人への思いやりの気持ちを持っていることの方がずっと素敵なことです。今日の5月のクラス会議(毎月1回行っています)では先生たちとそんな話もしました。友達への思いやりの気持ちの育ちを大事にしながら、せっかく芽生えた意欲を育てたいと思っています。

Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page