成長

 今朝、しばらくきょうだい児の休校などで登園自粛していた3人の子ども達が戻って来ました。みんな半分飛び跳ねるように、にこにこ笑いながら登園してくれました。ずっと体調不良でお休みしていた4歳児のTくんも久しぶりに顔を見せてくれて、月曜日のりんごの花保育園はとても賑やかでした。


 自粛・・・なので、お休みと言ってもずっと自宅で過ごしていたのでしょう。エネルギ-に溢れる子どもたちが自由に動き回れないのはかわいそうです。やっぱり、子ども同士で、じゃれ合い、もみ合いながら過ごすことが心身の発達には大事ですね。以前聞いた研修で、子どもの前頭前野が一番活発に動くのは、子ども同士がじゃれ合っている時だと言われていました。子ども集団は大事ですね。


 毎週月曜日は体育教室です。りんご3組(5歳児)のレッスンが終わって、体育講師のT先生とりんんご3組の子ども達が報告に来てくれました。跳び箱が苦手だった子が6段跳べるようになったり、縄跳びも急に上達したと話してくれたのですが、体育講師のT先生もびっくりされていて、「こんなにできるようになっていて驚きました。他の園と比べてもレベルが高いと思います。」と褒めてくれました。


 もちろん、練習を強制したことはなく、子どもたちが自主的に取り組んだ成果です。友達が縄跳びを跳んでいる姿を見て、自分も…と思って上達したのです。最初は5歳児だけ持っていた縄跳びカードも、子どもたちからの希望で3歳児の中にも縄跳びカードを持っている子がいるそうです。自分で目標を持って取り組んでいるのですね。


 小さいころから、自分で考えて行動することを目指して、一人一人に丁寧に関わって来たからでしょう。一人一人の子どもたちが自信を持って生き生きと取り組んでいるのが、りんごの花保育園の自慢です。


 今日は、はな1組(1歳児)の生活発表会のビデオも撮りました。8人の子ども達全員が自分の名前と年齢を言うことができ、楽しく手遊びや踊りに取り組んでいました。1年の成長は大きいですね。きっと保護者の方も、子どもたちの成長を感じてくれるでしょう。

特集記事
最新記事