挨拶

 挨拶って大事ですね。颯爽と綺麗に挨拶できる人を見るとステキだなと思います。

先に挨拶をした人がその場を制す・・・というくらい、挨拶は人と関わる上で重要なんですね。


 昨日、こんばんは保育の時に、5歳児のHちゃんと駐車場まで行った時のことです。駐車場の前で自転車の荷台に荷物を載せ、ハンドルを握って押している70代くらいの女性の方がいらっしゃいました。一緒にいたHちゃんが、すかさず「こんにちは。」ととっても大きな声で挨拶をしました。その方は驚いたように、でも嬉しそうに「こんにちは。」と挨拶を返してくれました。私も慌てて「こんにちは。」と言いましたが、小さな声になってしまいました。


 その方の後ろを歩きながら、「私は〇〇〇〇です。お名前教えて下さい。」とHちゃんが言うのを聞いて、「まあHちゃんて言うの?かわいいね~」「またね~。」と言いながら、嬉しそうに自転車を押して歩いて行かれました。


 Hちゃんの挨拶はとても素敵でした。ステキな挨拶ができる人はそれだけでイメージアップですね。傍で聞いている私も嬉しくなりました。


 私は挨拶が苦手ですが、できるだけ自分から…と思っています。授業を受けている学生にも「まずはステキな挨拶ができることが大事だよ。」と話します。新人で、仕事ができなくてもステキな挨拶ができれば、きっと好意を持ってもらえます。好意を持ってもらえれば、そのうちお話しできるようになりますね。


 保護者の方は、お子さんに挨拶ができる子になってほしいと思っていらっしゃると思います。でも、恥ずかしがったり、もじもじしたり挨拶ができない子もいますよね。そんな時、「ちゃんと挨拶しなさい!」と怒ってはいないでしょうか?怒られると余計にできなくなってしまうのが挨拶です。挨拶は義務ではなく、自分が挨拶したいと思うからこそ相手の心に届くステキな挨拶ができるのだと思います。


 素敵な挨拶ができる子になってほしい・・・では、まずお父さん、お母さんがステキな挨拶のお手本を見せて下さいね。


 

特集記事
最新記事