top of page

病院

 昨夜から今朝にかけてひどい風が吹きました。気温は高く、湿度も高く、この時期なのに半袖で大丈夫なくらいです。今年は雨も少なくて過ごしやすいですが、あまりにも気温が高いのが気になります。贅沢なことを言っているのでしょうが、通常と違う季節感を感じるのはなんだか気持ちが良くないです。


 保育園では先週から嘔吐や発熱が流行しているのですが、比較的症状が軽く、長くお休みする子はいませんが、いつまでも収束しないのが気になります。他の学校や保育園では、インフルエンザで学級閉鎖や欠席するお子さんが増えているそうです。インフルエンザは3年以上流行していないので、免疫もついていない上に、例年より早い流行でワクチンが間に合わなかったことが感染拡大の原因でしょう。ウイルスとの付き合い方を考えさせられます。いつまでウイルスに怯える日が続くのでしょうか?


 朝、園庭で遊んでいる3歳児のMちゃんに、「病院ごっこしてるんだよー、園長先生、ちょっと来て~」と手を引かれていくと、園庭の隅の階段の上に三輪車やままごとが並んでいました。どうやら診察室のようです。「ここは、病院なんです」とMちゃん。「そうですか。お腹が痛いんです」と私。


 Mちゃんは、ままごとのコップを私のお腹に当て診察をすると、「お野菜やブロッコリーをいっぱい食べたら治りますよ」と教えてくれました。野菜が苦手なMちゃんがきっとおうちで言われている言葉でしょう。「わかりました。いっぱいお野菜を食べますね」と言うと、Mちゃんは満足そうにニコッと笑って見送ってくれました。


 今日は1年に1度の(大人の)健康診断の日でした。病院はやっぱり苦手です。健康診断のお医者さんも、Mちゃんのようにおおらかでかわいいお医者さんだったらいいなと思いながら病院に行きました。感染症にならないよう、Mちゃんの言うことを聞いて野菜たっぷりの食事を心がけたいと思います。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page