進級

 今日から進級が始まりました。りんごの花保育園では、2月の生活発表会後に、徐々に進級しています。今週は午前中だけ一つ上のクラスで過ごします。一番変化が大きいのは2歳児です。憧れの2階のりんご組保育室に行って、りんご組のお兄さん、お姉さんとりんご組のおもちゃで遊べます。ワクワクするのは当たり前・・・ずっと楽しみにしていました。


 4月を待たずに進級するのは、子ども達が成長したからです。これまで過ごして来た保育室では、成長した子ども達にとって、遊びが物足りず、もっと自分で考えて動くための環境が必要だからです。


 環境が変わると、子どもの行動が変わり、成長が促されます。新しい環境に出会った時、子どもの心が動き、想像力が働き、自分でしようという気持ちが生まれてくるのですね。


 おもしろいのは、子ども達が自分より大きい、小さいをとても意識していることです。3歳児のAくんに、「今日からはな組さん(2歳児)がりんご組のお部屋に来るよ。」と言うと、「あ~、赤ちゃんたちが来るんでしょ。」という返事。たった1年しか違わないのに、はな組は赤ちゃんで、自分はお兄ちゃんなのです。


 そんな赤ちゃん(?)たちは、初めて(進級早々)、体育教室に参加しました。初めてなのに、3歳児より2歳児の方が体育教室の先生のお話をしっかり聞いてがんばっていたそうです。緊張感があったのでしょう。3歳児はちょっと余裕を見せたのかもしれません。


 そんなにがんばったり、緊張するのは意識が高いからです。「またひとつお兄ちゃん、お姉ちゃんになった!」という意識は、子ども達をさらに成長させることでしょう。


 今週は午前中、来週はお昼ご飯まで、その次の週はおやつまで・・・と徐々に時間を延ばし、経験を増やして、3月の中旬には、進級が終了し、4月には落ち着いて新しい子ども達を受け入れることができます。


 今年度、2歳児の子ども達は、トイレトレーニングが進み、みんなパンツで進級できました。やっぱり意識が高いです。



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square