昨日のキラキラデー、虫グループの活動報告です。虫グループは、

先週田んぼに行ってカエルやてんとう虫、かたつむりをたくさん捕まえて、意気揚々と帰って来ました。2階保育室の机の上には、子ども達が捕まえてきた虫がプラスチックの容器や虫かごに入れられてズラリと並んでいます。


 先日のブログに書いたように、カエルは生きた虫しか食べないので、子どもたちと話し合って、元の田んぼに戻すことになり、帰って来た虫グループ担当のF先生が、「いきなりの大ハプニングでした。」と笑いながら話をしてくれました。


 カエルが入った虫かごを下げて園を出発したとたん、虫かごのフタが外れて、カエルが逃げ出し、道路で跳ねだしたそうです。絵本『かもさんおとおり』のように、車を停めてもらい、慌ててカエルを捕まえたそうですが、車の運転手の方もびっくりされたことでしょう。


 

園の中では、ツマグロヒョウモンチョウが羽化して、虫かごの隅できれいな羽を広げていました。汗をかきかき帰って来た虫グループの子ども達に、チョウになったことを報告すると、みんな大喜びでした。ツマグロヒョウモンの幼虫は、絵本『はらぺこあおむし』のイモムシみたいに色がとても綺麗でした。先日『はらぺこあおむし』作者のエリック・カールさんがお亡くなりになりましたが、あの色鮮やかな絵本はこれからもずっと子ども達に愛され続けるのでしょう。『はらぺこあおむし』のように、無事に羽化してくれて良かったです。


 今朝、5歳児のEくんが、『かなたけの里公園』で捕まえたおたまじゃくしを持って来てくれました。大事なおたまじゃくしを園に持って行くか随分悩んだようですが、カエルになるまで、園で育ててもいいと思ってくれたようです。「カエルは生きた虫しか食べないからね。」と言うと、「ソーセージは食べるよ。」と言う返事が・・・。Eくんの方が物知りでした。


 もうすぐ、メダカやクワガタもりんごの花保育園に仲間入りする予定です。

子ども達の活動を聞いて、保護者の方や地域の方が協力して下さるので、りんごの花保育園はますます賑やかになっています。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索