認可保育園

福岡市新設保育園第2回目の研修会に出席しました。今回も配布された分厚い資料に、認可保育園に求められている責任の大きさを感じます。委託費や様々な補助金が支給されるわけですから当然です。書類の多さと手続きの複雑さ、事業に関する知識を蓄えること、今から必死に取り組まなければいけません。

 保育所の運営費は、保育料と福岡市と国の補助金によって成り立ちます。つまり、多額の税金が使われるので、使途には適正かつ透明性が要求されます。今日の研修を受けて、改めて身が引き締まる思いがしました。

 明日は、少し遠くの保育園に幼児教育アドバイザーとして派遣されます。『保育課程(保育の全体計画)の見直しをしたいので、アドバイスを』ということですが、もちろん一緒に勉強させて頂くつもりで行きます。歴史がある保育園という情報を頂いていますが、保育課程を見直すということは、それに甘んじず、新たな保育を創っていきたいと考えていらっしゃるのだと思います。保育園は、1年中忙しいので、余程の思いがなければ、保育課程を見直そうという気持ちにはなりません。私の方がたくさん学ばせて頂けると思います。

 もう一つの悩みが、忙しくて保育士が事務処理をする時間がないことだそうです。これはどこの保育園も抱えている悩みではないでしょうか。解決は3つです。

①事務処理を簡素化する。

②人手を増やし、事務処理の時間を確保する。

③タイムスケジュール・役割分担やそれぞれの動きを見直し、事務処理時間を

 決める。

 う~ん、どちらも難しいでしょうね。でも、ちょっとした工夫で、毎日の事務処理が少し楽になったり、時間短縮できることもあります。明日は一緒に悩みます。

 乳児保育を重要視したいとも書いてあって、やっぱり私の方がたくさん学ばせて頂けそうです。明日は、久しぶりに長時間電車に乗るので、それも楽しみです。でも、しっかり勉強してきます。

『りんごの花保育園』開園まで34日 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square