top of page

なつまつりの余韻

 夕方も園内には楽しかったなつまつりの空気が残っていました。目には見えない空気ですが、色や温度がありそうな気がします。そんなことを思ってしまうほど、りんごの花保育園は楽しい雰囲気に満たされていました。


 浴衣や甚平を着て登園した子もたくさんいて、保育室は華やかでした。昨日のブログで、寒いので、(服装は)無理をされませんようにと書いてしまったのを後悔しました。みんな浴衣や甚平を着たかったですよね。ごめんなさい。


 未満児クラスは、ひもひき・ボーリング・風船釣り、以上児クラスは、玉入れ、ボーリング、風船釣り、輪投げをして、たくさんお土産をもらいました。ゲームが終わるたびに手に付けたリストバンドにシールを貼ってもらったので、みんなが全部のゲームを楽しむことができました。


 りんご3組(5歳児)さんは、各ゲームコーナーで、保護者会役員さんや先生たちのアシスタントをしてくれました。その姿がとても様になっていて、運動会が終わってさらに成長した子どもたちを感じました(まだまだ卒園しないでね)。


 いつもと違うなつまつりの雰囲気だけで楽しいのに、たくさんのお土産までもらって子どもたちの満足感は最高潮に達しました。でも、りんご2・3組(4・5歳児)は、パワーが残っていたようで、午後からは石丸中央公園まで散歩に行きました。公園まで距離がある上に、公園ではずっと走り回っていたそうです。子ども達には適いません。


 保護者会役員さんの準備や役割分担がバッチリだったので、とても楽しくスムーズななつまつりになりました。お母さん方もパワーいっぱいの子どもたちを相手に大変だったでしょう・・・と思ったら、次は『おゆずり会』をしようとお話し合いをされていたようです。お母さん方もパワフルです。


 お迎えの時間、デジタルフォトフレームの前には、なつまつりを楽しんでいる子どもたちのビデオを見ながらお母さん同士の会話が弾んでいました。お母さん同士が仲がいい姿を見ると、子どもは安心しますね。少し遅いなつまつりでしたが、保護者会役員さんのおかげで心に残る楽しい一日になりました。本当にありがとうございました。こんな日々を重ねていけることに幸せを感じています。

Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page