top of page

キラキラデー始動

 今年で3年目のプロジェクト保育『キラキラデー』を始動しました。3・4・5歳児を3グループに分けて、今年度の園の目標『考えよう、知ることは楽しい、わかることはおもしろい」を大切にしながら1年間テーマを決めて活動を進めます。


 5歳児は年少組の時から経験していて、3回目の経験でリーダーとなるので、見通しを持って取り組んでくれるでしょう。先生たちが思いや願いを込めながらグループ分けしましたが、テーマを決めたり、具体的な活動は子どもたちと話し合って決めます。


 5月19日の最初の『キラキラデー』では、テーマとグループ名が決まりました。「ケーキイエーイ    グループ」のテーマは『星』、「いきものグループ」のテーマは『生き物』、「おりょうりグループ」のテーマは『料理』です。


 子どもたちの中には、意見や思いを持っていても、なかなか言葉にできない子がいます。テーマを決める時も、それを引き出すために、様々な言葉で誘ってみたのですが、意見を言うことはできませんでした。この活動を進めていくうちに、自分の意見や考えを言葉で表現できるようになってほしいと思います。


 2回目の昨日、各グループで、テーマに沿った活動が始まりました。「ケーキイエーイグループ」は、色を塗ったり、切り紙で流れ星を作りました。「いきものグループ」は、海・陸に住む動物の塗り絵をして、その動物がどこに住んでいるのか、どんな生活をしているのか想像しながら大きな用紙に貼りました。「おりょうりグループ」は、自分が好きな料理を絵に描きました。料理を描いている時に出てくるのは、「お母さんがね・・・」という言葉。毎日お母さんが作ってくれる料理に、お母さんの愛情を感じているのでしょうね。


 子どもたちから意見を引き出し、それをピックアップして、また子ども達に問いかけ、活動をすすめていくのはとても大変で、時間も心のゆとりも必要です。「〇〇するから、〇〇しなさい」と言う方がずっとずっと楽です。でも、子どもたちの考えを聞き、子どもたちと一緒に考え、次の活動を作っていくと、子どもたちは生き生きと行動します。考える、悩むことは大事ですね。そんな経験が子どもたちの力となっていることを実感しているので、今年度のキラキラデーも今後の展開が楽しみです。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page