top of page

スムーズに、スマートに

 毎週月曜日は、なぜだかずっと雨です。当日降らなくても、前日に降っているので、2階の屋外園庭が使えません。毎週月曜日の体育教室は保育室で行うことが続いています。体育講師のT先生は雨男なのかな~?と思ったりしていますが、保育室は動きに制限がかかるので、T先生も早く外で子ども達と一緒に思いきり体を動かしたいようです。


 T先生は、体育教室の後、毎回子どもたちのことを話してくれるのですが、「今年の年中組はすごい!集中して取り組むことができています。」と褒めてくれました。「4月当初、なかなか活動に入らずに、じっと座ったままだったMちゃんが、自分ががんばるだけでなく、友達を誘ってくれるようになったんです。僕が助けられてます。」と、とても嬉しそうに話してくれました。


 年長組も、話を聞いて難しいことにも取り組めるようになったそうです。あの赤色帽子の子ども達が・・・!子どもは必ず成長するということを教えられます。保育園は、同じような要求や思いを持っている子どもたちの集団なので、自分の思いが通るわけではありません。毎日、したいのにできない葛藤を経験しなくてはいけません。おうちだったら、自分の思い通りにできるのに…と悔しい気持ちやイライラをたくさん味わっているでしょう。それでも、保育園では友達といっしょでなければ経験できない、味わえない楽しい遊びがあります。


 順番を守ることや交代で使うことも、楽しく遊びたいと思う気持ちがあるからこそ受け入れることができるのでしょう。受け入れ方もだんだんスムーズに、スマートになってきています。そんな日々を送りながら、子ども達は少しずつ確実に成長しています。あまり口出しはせずに、でも目を離さずにその成長を見守っていきたいと思います。

Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page