top of page

マスクを外せない

暑いですね。今年はカラ梅雨のまま夏になってしまうのでしょうか?毎年洪水、浸水の心配をしていたので、そのリスクが少なくなったのであれば嬉しいのですが、水不足や電力不足も心配です。ちょうどいい(人間にとって)気候はそう簡単に訪れてはくれません。


 暑いので、マスクをするのが辛いですね。熱中症リスクを高めないために、マスク着用について(今年も)国から指針が出されました。


 ・屋外で周囲の人と約2mが十分に確保できる、家族など一緒に過ごすことが多い人たちだけであればマスクは必要ないと考えられる。

 ・屋外で周囲との距離が十分に取れない場面でも、周囲で会話が少ないようであれば、マスク着用は必ずしも必要ないと考えられる。

 ・・・などの指針が出されたものの、人がいる場所でマスクを外すのは憚られます。夜道を一人で歩いていてもマスクを外すことができません。今は、新型コロナウィルスよりも、人の目が怖いというのが本音です。


 もうずいぶん前に、こんな笑い話を聞いたことを思い出します。飛行機が故障して、一刻も早く脱出をしなければ命の危険がある時に、どうすれば機内の人々を混乱なく誘導できるのか?国民性によって掛ける言葉を変えるといい・・・


 〇アメリカ人には、「レディ・ファーストです」

 〇ドイツ人には、「法律で決められています」

 〇日本人には・・・「みんながそうしています」


 本当に笑えますが、国民性をよく表していると思います。あんなにたくさんの方が亡くなったのに、アメリカではマスクを外している人が大多数という話を聞きます。日本人は、国が、「マスクは必要な時(場所)でいい」と言っているのに、人の目が怖くてマスクを外すことができません。まだまだコロナの終息が見えていないので仕方ないとは思いますが、この暑さにマスクは辛いです。


 それでも、保育園の子ども達がマスクを外しても良くなっただけでもいいと思っています。自然災害にウィルス、戦争と、大きな心配はいつまで続くのでしょうか?


 

特集記事
最新記事