子ども達との毎日

 今年は梅雨入りが早かったものの、あまりまとまった雨や何日間も雨が降り続くことがないので、今のところ良い梅雨だなと思っています。朝夕、涼しかったり、時々雨が降ったりして、バランス良く、気持ちよく過ごせています。ただ、先週末くらいから、3歳未満児の子ども達の発熱が増えているのが気がかりです。感染症ではないのですが、気温差が大きかったり、湿気が多かったりするからでしょうか?一番気候の影響を受けるのは小さい子ども達なので、早く回復してほしいと願っています。


 今日は暑かったのですが、午前中りんご3組(5歳児)の子ども達と一緒に、園庭のプランターの花を植え替えました。色とりどりのサフィニアとジニアを植えたので、夏仕様になり、園庭が華やかになりました。りんご3組の子ども達は、理解力や行動力があるので、とても力になります。自分たちで途中で水分も取りながら、しっかり動いてくれるので、とても助かりました。


 

午後からは、2階の屋外園庭で育てた野菜が大きくなって、「食べに来てください」と言われたので食べに行きました。ピーマンが驚くほど大きく成長していました。なす、おくら、いちご、ゴーヤ、キュウリ、プランターの葉が青々と茂っています。屋外園庭は日当たりがいいので、今から水やりが大変でしょうが、成長が楽しみです。お昼寝から早く起きたはな組(2歳児)の子ども達も見に来て、屋外園庭は子ども達の声でとても賑やかでした。


 野菜を見た子ども達のおもしろいつぶやきをご紹介します。

その1 オクラを見た3歳児のYちゃん   「モグラ、おおきくなってる!」

その2 丸くしおれたようなきゅうりを見た4歳児のTちゃん  「これ、心臓みたい」「すごいね、心臓見たことあるの?」「前、ユーチューブで見たよ。こわかった~!」

その3 Y先生がミニトマトを切っているのを見て、「丸のまま食べたい」「ごめんね~、保育園ではミニトマトをそのまま食べたらダメなんだよ。」「そのまま食べた~い!」     



 こんなにおいしそうなミニトマト、そのまま食べたい子ども達の気持ちはよくわかります。子ども達との毎日は、発見と笑いに溢れています。