もぎたて

りんご組さんと一緒に、2階の屋外園庭の野菜を収穫して食べました。屋外園庭は遮るものがないので、日当たり抜群、風通しもバッチリで、見事に野菜が育っています。

 今まで収穫したキュウリやナスは、給食室で給食に入れてもらっていたのですが、今日は屋外でみんなで食べようということになり、生のままナスとピーマンを食べました。ナスもピーマンも子どもが嫌いな野菜ベスト3に入りそうなので、とても生のままは無理かなと思いましたが、「甘い!」と言って、パクパク食べてお代わりをする子が何人かいて、びっくりしました。私は嫌いなものがないのですが、生のナスとピーマンをお代わりするほど食べられませんでした。

 子ども達は、友達が食べているのを見ると、「私も!」と言って食べます。友達が「おいしい!」と言えば「ほんと、おいしい!」と言って食べます。もちろんがんばって食べている子もいますが、自分からがんばって食べようとする経験はとても大切だと思います。

 ピーマンは切った途端に、ぷ~んとピーマンの臭いがしました。ナスは切る時に、キュッキュッという音がしました。子ども達も側で「ピーマンのにおいがする」「なんか音が聞こえる」と五感を働かせ、目がキラキラ輝いていました。

 開園して3ヶ月。りんご組さんは、自分の思いをのびのびと表現するようになりました。「私もしたい!」「僕もする!」こんな発言がたくさん出てきます。その分、ささいなトラブルも絶えませんが、それも相手の気持ちを知り、自分の主張を調節する大事な経験です。

 子ども達の絆もだんだん強くなってきました。これからのりんご組さんの活動が楽しみです。