いいことがありそう

りんごの花保育園に、日常が戻って来ました。10日ぶりに登園する子がほとんどでしたが、みんな穏やかですぐにいつもの笑顔で遊んでいました。なんでこんなに子ども達が落ち着いているんだろうと思って見ていると、すぐに理由がわかりました。先生達がみんな笑顔で、穏やかに優しく、そして久しぶりの再会を心から喜んで子ども達に関わっているからです。

 たった10日間ですが、子どもの成長は目覚ましく、抱っこされて登園していた子が歩いて来たり、1語文しか話せなかった子が2語文話したり、「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と丁寧に頭を下げて挨拶してくれたり、驚かされることばかりでした。

 年賀状もたくさん届きました。ご家族や七五三の写真だったり、子ども達ががんばって書いてくれた文字を見ると年賀状はいいなと思います。

 友達や前の職場の先生、お付き合いがあった保育園からもたくさん届きました。一年に一度だけでも、相手の方のお元気な様子が伝わって来たり、りんごの花保育園が順調であることを伝えることができるのは、年賀状のいいところです。

 大掃除に年賀状、おせち作りと年末は大変ですが、大事にしなくてはいけない風習ですね。

 今日のりんご組は、午前中は近くの若八幡宮に初詣でした。若八幡宮にはどのクラスも頻繁に通っています。1年に何度お世話になったか数えきれないくらい(夏は蚊に刺されて大変でしたが)通っています。きっと、若八幡宮の神様も、「こんなに遊びに来てくれるんだから、守ってあげないわけにはいかない」と思われているでしょう。

 午後は、りんご2組(4歳児)・3組(5歳児)の子ども達が、近くのじょうもんさん市場に明日の七草粥に入れる『春の七草』を買いに行ってくれました。りんご2組・3組の子ども達は、本当に逞しいです。

 新年最初の日(1月4日は希望保育だったので)は、こんなに楽しく賑やかな一日でした。今年もいいことがいっぱいありそうです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square