預けたい保育園

昨日、育児休暇でお休み中のT先生が、お子さんを連れて園に来てくれました。順調に成長している0歳児のお子さんを保育園に預けて、4月からまたりんごの花保育園に戻って来てくれるそうです。良かったです。

 T先生は、0歳児のお子さんを預けるために西区の保育園をいくつか見学したそうです。「雰囲気や保育内容がそれぞれ全く違うんですね。」と言う言葉に、やっぱりホームページやインターネットの情報だけでなく、実際に見学して園の雰囲気や子ども達、保育士の姿を見るのは大事なことだと思いました。福岡市は、入園前に必ず見学に行くことを条件にしていますが、必要なことなんですね。

 T先生は、「りんごの花保育園みたいな『自分が好きで友達が大好きな子』という保育方針はなかなかないですよね。うちの子もこの保育園に入れたい」と言ってくれました。

 保育方針は、その保育園の方向性を示し、保育内容、活動、保育者の姿勢に大きな影響を与えるので、保育園選びの重要なポイントです。

 りんごの花保育園で1年間働いてくれた先生が、自分の子を預けたいと言ってくれてとても嬉しかったです。働いてくれる人が、自分の子を預けたいと思えるような保育園にしたいと思っていたので、とても勇気づけられました。

 今日は職員勉強会でした。実践発表や研修報告を聞きながら、保育方針を基に話し合いが進みました。先生達の子ども達を思う気持ちが、自分の子を預けたいと思えるような園を作っているのだと思いました。

 いつも友達や家族から言われるのですが、私は人に恵まれています。感謝です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square