お母さんに花を

明日の卒園式にお母さん達にお花を贈りたいという年長組の子ども達は、昨日の午後、じょうもんさん市場にお花を買いに行きました。カーネーション、フリージア、ガーベラ、かすみ草・・・それぞれに花を抱えて帰って来たのですが、一人浮かない顔のYくん。

 「ママにスイトピーをあげたかったんだけど、なかったんだ」そう言えば、先日も、「ママはスイトピーが好きなんだ」と話していたのを思い出しました。

 主任のA先生が、近くの花屋さんに電話して、あるのを確認して自転車で買いに走ってくれました。

 夕方、子ども達は、自分達で考えて、アレンジフラワーを作りました。「ママは赤が好きだからこれにしよう」「この花、ママに似合いそう」と、お母さん達が喜ぶ顔を想像しながら、楽しそうに取り組んでいました。

 出来上がったアレンジフラワーは、それぞれの個性が表れていて、どれも素敵でした。きっとお母さん方も喜んで下さると思います。

 今日は春のお彼岸。私の亡くなった母も、花が大好きだったので、お仏壇には、大好きな花を絶やさないようにしています。亡くなった時に、住職さんから白い花を上げるように言われたので、実家の庭に白いスイトピーを植えたことを思い出します。この時期、次から次に花が咲き、悲しみを癒してくれました。

 いつの時代も、いくつになっても、お母さんを思う気持ちに変わりはありません。明日は、お母さんへの感謝の気持ちを込めた卒園式です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square