友達っていいな

こんばんは保育(延長保育)で、3歳児のHちゃんとMちゃんのお迎えが一緒になりました。こんばんは保育を利用している子ども達は、保育時間が長いので、夕方眠くなったり、疲れたりして、お母さんがお迎えに来られたとたん、ホッとするのでしょう、機嫌が悪くなることがよくあります。

 今日は、HちゃんとMちゃんのお迎えが一緒だったので、二人ともにこにこして帰っていきました。お母さん方も嬉しそうでした。お母さん方も、仕事が終わって疲れているのに、迎えに来た時に機嫌が悪いのはいやですよね。そうは言っても、お母さんの顔を見ると、わがままを言いたくなる子どもの気持ちもよくわかります。

 保育園の子ども達は長時間園で過ごします。夜遅く帰って、朝も早く起こされて準備をして・・・小さい子ども達にとって、ちょっときつい生活かもしれません。朝、行きたくないという気持ちになることもあるでしょう。

 でも、登園を嫌がっていた子が喜んで登園するようになる時には、いつも友達の存在があります。仲がいい友達ができると、保育園が楽しいところになるのです。

 昨年の4月は一人で遊んでいた子が、それぞれに仲がいい友達ができて、いつも一緒に遊んだり、給食を食べたりするようになりました。友達っていいなと思います。楽しいと思えるのも、頑張ろうと思えるのも友達の存在があるからです。5年も6年も、一日の大半を友達と過ごせる保育園って、もしかするといい存在なのかもしれません。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square