暑さに負けない食育

梅雨明けとともに暑い8月がやって来ました。今年は梅雨が長引いて涼しくて暑さになれていないため、熱中症への対策がより必要だと言われています。熱中症にコロナウイルス感染拡大・・・どうなることやら

 そんな中、やっぱり子ども達は暑さを楽しみ、昨日の土曜日も水遊びから泥遊びになりました。たくさん遊んだ後の給食はシーフードスパゲッティ・・・食欲旺盛でびっくりしました。私たちが食べる量の倍以上を食べる子もいました。そんな子はあまり病気をしません。食べることは大事ですね。

 4歳児の子ども達が何度もお代わりするので、「すごいね~。よく食べるね~。」と言うと、「だって大きくなりたいもん。」という返事が返ってきました。たくさん食べて大きくなりたいという子ども達の素直な気持ちがいいなと思います。

 大人になると、ダイエットをしたり、ファーストフードで済ませたり、お菓子が主食という人もいます。やたらと辛い物を食べてみたり、同じものばかりを食べたり・・・健康への影響が心配されますが、小さい頃はどんなものを誰と食べていたのでしょう。

 先日、りんご組担任のM先生が、食べ物の栄養について話をしてくれました。炭水化物・タンパク質・脂肪の3大栄養素についてそれぞれの働きや、どんな食べ物があるかを話してくれたのですが、年長組になると、思っている以上に理解しています。日頃からおうちの方に食べ物の大切さについてたくさん話してもらっているのでしょうね。

 私達の体は食物でできています。何をどのくらい食べるか、自分で体に良いものを選んで食べられるようになるといいですね。

 園で収穫したピーマン、インゲン、ゴーヤ、ナスが時々給食で出てきます。園庭のプランターで育てているのですが、思っている以上にたくさん採れます。

 収穫すると、子ども達が野菜を見せに来てくれます。先週は、5歳児のRちゃんが、ピーマンの匂いを嗅ぎながら、「あ~、いいにおい」とうっとしりたように言っていました。

 毎年のことですが、暑くなると子ども達でも食欲は落ちてしまいます。夏を元気に乗り越えるために、給食室の先生と話し合いながら、食欲が落ちないように工夫していきたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square