保護者会

 りんごの花保育園には、開園当初から保護者会があります。私が以前勤めていた保育園の保護者会では、保護者の方と一緒に園庭にビオトープを作ったり、たくさんの夜店でにぎわう夏祭りを主催してもらっていました。全国の保育園では、『親父の会』を作る園が増えている時期でもありました。保護者会の意義を様々な場面で実感していたので、りんごの花保育園開園と同時に保護者会を作ってもらいました。


 保育園の保護者の方は仕事をされているので、無理がないように活動をしていただくつもりでした。保育園だけではできないこと、気づかないことはたくさんあって、保護者の方の視点で園を見てもらい、力を貸していただくのは、子どもたちのために、保育を豊かにするために大事だと思っていました。


 りんごの花保育園の保護者会役員さんも、これまで夏祭りを主催してくださったり、行事ごとに手伝ってくださいました。役員会はいつも賑やかで、役員さん同士が仲良くなっていく姿を見るのも嬉しかったです。今年度は、ごみ袋の費用を補助してくださったり、図鑑がボロボロになっているのを見て新しいものを購入してくださったり、本当にありがたく思っています。


 今年度まで保護者会役員さんはスムーズ(?)に決まっていたように思っていたのですが、来年度は少し難しそうです。りんごの花保育園は園児数が少ないうえに、これまで役員をされた方がたくさんいらっしゃるのも一因でしょう。昨日は、現役員さんが新役員募集の手紙をわかりやすく作ってくださったので配布しましたが、引き受けてくださる方は何人いらっしゃるでしょうか?


 保護者会は園にとって大事な存在ですが、無理強いすることはできません。コロナ禍で、この2年間役員会の開催も少なくなり、集まって情報交換できるという良さも感じられなくなっているのも気になっています。


 時代は流れ、ライフスタイルや価値観も変わってきています。今の時代に合わせた保護者会の在り方を考える時期に来ているのでしょうね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square