誕生日

 今日は、〇回目の誕生日。8月6日は広島の原爆記念日なので、毎年心から喜べないのですが、家族や友達、先生たち、そしてなにより子ども達から「お誕生日おめでとう!」と言ってもらえるとやっぱり嬉しいです。


 毎年書いていますが、お誕生日は、「生まれてきてくれてありがとう」と言ってもらえる日ですよね。いくつになっても、それがとても嬉しいです。

 

 昨日の夕方、3歳児のYちゃんが、「園長先生、明日お誕生日だよね。」と言いに来てくれました。なんで知っているのかな?と思いながら、嬉しい気持ちになりました。


 今朝の放送で、「今日は、Rくんのお別れ会と園長先生のお誕生日です。」と、りんご3組(5歳児)の子ども達が言ってくれました。Rくんは、糸島に引っ越すことになって、残念ながら今日が最後の登園日でした。


 夕方、4歳児の子ども達は、きれいな箱に入った折り紙をプレゼントしてくれました。プテラノドンの難しい折り紙も折ってくれたそうです。次に、3歳児のKくんとMちゃんが、初めてのおつかいでふたりだけで、自分達で作ったネックレスをニコニコしながら、プレゼントしてくれました。(だから、3歳児のYちゃんが私の誕生日を知っていたのですね。)


 5歳児は、メッセージ付きの風鈴をプレゼントしてくれました。「おたんじょうびおめでとう。なんさいになったの?」と書いてありました。「もう何歳か言えないくらい歳をとったんだよ。」と言うと、「ねえ、教えて。聞きたい」と何度も言われたので、「ここだけの話にして。〇歳だよ。」と言うと、女の子3人は、「え~!」と言いながらキャッキャッと笑っていました。



 次に会った時、「もう何歳か忘れちゃった。」と言われたので、子ども達には何歳であってもかまわないんだなと思って、年齢を隠そうとした自分がちょっと恥ずかしかったです。


 今日はたくさんのプレゼントに心が温かくなりました。りんごの花保育園の子ども達、本当にありがとう。みんなのおかげでまた1年がんばれます。


 りんごの花保育園の先生たち、こんなにステキなプレゼントを準備してくれたことに、心から感謝しています。ありがとうございました。