top of page

七夕

今日は七夕。りんごの花保育園でも、Y先生がペープサートを使って七夕のお話をしてくれました。りんご組(3・4・5歳児)のキラキラデーでは、ケーキイェーイグループが星をテーマに活動を続けているので、星への興味が高まっています。


星座への関心が高まり、自分の星座だけではなく、お父さんやお母さんの星座を知っている子もいます。4歳児のHちゃんから「園長先生、何座?」と聞かれ「しし座だよ」と答えると「Hちゃんのおかあさんといっしょだよ」と教えてくれました。りんご組に向かう階段には、夏の夜空の星が飾ってあります。星を見ていると、ギリシャ神話を思い出して、想像の翼が広がりますね。


 七夕の短冊には、おうちの方のお子さんへの思いや願いが込められていました。「早く走れますように」「お友達とたくさん遊べますように」「いろんな食べ物を食べれますように」「虫博士になる」・・・願いが込められたたくさんの短冊を見ながら、ほのぼのとした気持ちになりました。子どもを育てている方の願いはみんな同じですね。大事なわが子が健康で幸せに大きくなりますように。


 5歳児のYちゃんは「戦争がなくなって、世界中の人が幸せになれますように」と短冊に書いたそうです。毎日戦争のニュースが流れ、小さな胸を痛めているのですね。5歳児になると、視野が広がり、同じような年ごろの友達にも関心を向けることができるようです。なんの心配もなく、おいしいものを食べ、たくさん遊び、ゆっくり眠る日常を送っていますが、世界にはそんな生活を送れない子どもたちがたくさんいることを知ったのでしょう。


 自分の力ではどうすることもできないことがたくさんあります。誰もが戦争の終結を望んでいるはずなのに、今日も戦争が続き、大切な命が失われています。一秒でも早く、この世界から戦争がなくなりますように。

コメント


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page