楽しい一日

今日は、『グランパ・グランマの会』でした。おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、いつもと少し違う表情で登園してきた子ども達。緊張感や照れくささがあったようです。

 つぼみ組(0、1歳児)とはな組(2歳児)は、一緒に送ってくれたお父さんやお母さんが帰ってしまうのが不安そうでした。おじいちゃん、おばあちゃんも、お父さんやお母さんと離れて大丈夫だろうかと、さらに不安そうでした。

 つぼみ組(0,1歳児)は、心配していた雨も降らず、室見川に散歩に行き、公園でシートを広げておやつを食べ、滑り台を何度も滑り、走り回って汗びっしょりになって帰って来ました。ベビーカーでうとうとしている子ども達もいました。子ども達もおじいちゃん、おばあちゃんも、出かける前の表情とは違って、とっても満足そうでした。「楽しかったです。」「成長がよくわかって嬉しかったです」と話されていました。

 はな組(2歳児)は、お部屋でたくさん遊び、歌を歌ったり、絵本を見ているところをおじいちゃん、おばあちゃんにしっかり見てもらいました。お友達と笑いあったり、おもちゃを取り合ったり、仲良くしている姿をたくさん見てもらって、安心されたようでした。

シール貼りも根気よく取り組み、かわいい写真立てができました。

 りんご組(3,4,5歳児)は、おやつを頂きながら、夏の生活のDVDを見てもらいました。おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に竹トンボを作って、飛ばして、とっても楽しそうでした。あやとりにも挑戦してもらいましたが、すっかり忘れてしまって・・・と言われながらも、子ども達とたくさん触れ合って楽しそうでした。

 初めての『グランパ・グランマの会』は大成功でした。子ども達、おじいちゃん、おばあちゃん、そして先生達も「楽しかった」と言ってくれたからです。

 この日のために、遠くから来て下さったり、お仕事をお休みして来て下さったおじいちゃん、おばあちゃん、本当にありがとうございました。

 価値観の違い、世代間の意見の相違などあると思いますが、子ども達の幸せを誰よりも望んでいるのはおじいちゃん、おばあちゃんです。おじいちゃん、おばあちゃんが子育ての応援団になってくれるよう、これからも良い関係を作ってくださいね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square