働き方改革

近くのスーパーが、2日間連続で研修のためお休みでした。営業時間が短くなったお店もあります。働き方改革の影響でしょうか。

 私が働きだした頃は、『半ドン』と呼んでいた2週間に1回訪れる土曜日午後からのお休みがとても楽しみでした。午後から休みと言っても、2時位にしか帰れないのですが、週6日働くのが普通だったので、少し早く帰れるのがとても嬉しかったのを思い出します。

 その頃に比べると、週5日の職場も増え、有給休暇もとれるようになり、日本社会も、ずいぶん働きやすくなりました。

 今年のゴールデンウィークは10連休だったので、その後が大変じゃないかと思っていたのですが、それほどの混乱はなかったように思います。10日休んでも、ちゃんと社会は廻っていくのですね。いい経験をさせてもらいました。

 子ども達も、ゴールデンウィーク明けは落ち着いていたので、家族でゆったり過ごして、気持ちが満たされたのでしょう。そんなにあくせく働かなくてもいいのかもしれません。

 働き方改革の一つとして、有給休暇を必ず年5日取るようにしなくてはいけないのは、保育士不足の保育園にとって悩ましい問題です。先日の園長会でも、扶養範囲内で働いている人が有給休暇を取ると、さらに出勤できる日数が減ってしまうので、人が足りなくて困ると言われていました。

 誰もが、気持ち良くゆとりを持って働くためには、お休みをしっかり取ることはとても大事なことです。でも・・・人がいません。人件費には限りがあります。

土曜日も、予算計画と人件費試算をにらみながら、ため息が出ました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square