September 25, 2020

September 24, 2020

September 23, 2020

September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

保育理念

May 23, 2019

 りんごの花保育園の保育理念は、子どもの主体性を尊重し、一人ひとりの子どもの最善の利益を保障することです。

 子どもの意欲を大切にし、やりたいことが実現できるように援助するのが私達の役割であり、出来た喜びを共感し、一人ひとりの子どもが自信を持って生き生きと成長できるように支えたいと思っています。

 

 理念は、一番大切にするべきものであり、全ての判断基準になるものです。私達が何かを決める時、理念を念頭に置いて考え、みんなが同じ方向を向いて子どもに関わることが大切だと思います。

 

 今日、福岡市の新規認可保育園の運営者に選定された方(陰ながらずっと応援している)とお話しして、やっぱり理念は大事だと思いました。

 

 以前ブログに書きましたが、その方も認可保育園の園長として勤めながら、自分の理想とする保育園を作るために、福岡市の公募に挑戦されたそうです。子どもがしたいことを応援し、ひとつひとつできることを増やしていきたい、それが子ども自身の将来の夢をかなえる力になると思う、そんな園を作りたいとおっしゃっていました。

 

 大人は子どもに対して絶対的な力を持っています。その力をどう行使するのか、大人の考えで決まります。私たちは、先に生きてきた者として、失敗しない方法を教えるのではなく、つくられたものを教え込むのではなく、未来は自分の力でつくれるものだということを伝えていきたいと思います。

 

 改めて理念は大事だと思いました。理念を共有し、理念をいかに実践に結びつけるか、もっともっと語り合っていかなければと思います。

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square