ずっとずっと

 進級2週目、さらに子ども達が生き生きとしています。特に、2歳児は自由に動き回れることが嬉しいようで、のびのびしています。これまで保育室で私と目が合ったとたんに先生の後ろに隠れてしまっていたKちゃんが、Mちゃんと一緒に事務所の前で私を見てニコニコ笑っているのを見て、嬉しくなりました。


 みんな大きくなったな~と思います。当たり前のことかもしれませんが、ちゃんと必要な経験をしておいしい食事を食べて育っていくのですね。年長組の子ども達も、もうすぐ卒園が近いことを感じる逞しさを見せてくれます。生活発表会が終わった後は、就学への意識が高くなったようで、心の準備を着々と進めているようです。


 先生たちも、保護者の方も、希望を持って小学校に入学できるようにと、子ども達の心境にぴったりくるような絵本を探してきて、読んで聞かせてくれます。自分たちにたくさんの人の思いがかけられていることを子ども達はしっかり感じているようです。


 そのうえ、昨年就学に不安を持っていた年長児のために絵本を描いて下さったWさんが、今年の年長児のために、また絵本を描いてくれました。忍者になった年長児の子ども達が、それぞれの知恵と得意なことを活かして、様々な忍者の術を編み出し、最後に『1年生の術』を免許皆伝し、みんなで力を合わせて小学生になる試験に合格するというお話です。                            


 お話の内容や絵も、一人一人の性格や外見の特徴がよく表れていて、年長児の子ども達への愛情で溢れていました。世界にたったひとつだけの絵本・・・子ども達の宝物になると思います。辛い時、悲しい時、この絵本を読んだらきっと元気になれます。


 最後のページには・・・いつでもいいよ。かえっておいで。せんせいたちもまっています。

本当にその通りです。私たちはずっとずっとあなたたちの応援団です。

 

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square