人の温かさ

 明日はクリスマス会。園全体がウキウキした気分で満ちています。こんな状況下なので、園内で子どもだけでできる行事は、より楽しいものを・・・ということで、クリスマス会担当の先生たちが、たくさんのお楽しみを考えてくれています。


 お昼頃、明日のために打ち合わせをしている先生たちの声が聞こえて来ました。「キャッ、キャッ」と、とても楽しそうな笑い声が絶えなかったので、絶対に楽しいクリスマス会になると思います。

 給食の先生達は、クリスマスらしいメニューを考えてくれました。残念ながら、コロナ対策で、昨年までのようなビュッフェスタイルはできませんが、子どもたちが大好きなものがお皿を飾ってくれることでしょう。おやつのクリスマスケーキは、子どもたちがデコレーションすることになっているので、きっと明日は一日中楽しい気分でいられると思います。  例年、この時期はクリスマス、お正月と楽しい行事が続きますが、コロナは無邪気な子どもたちにも暗い影響を与えています。帰省を始め、買い物に出かけること、イルミネーションを見に行くことも躊躇しなくてはいけないほど、感染拡大が止まりません。いつまで続くのでしょうか?


 しばらく子どもたちの間で、色紙などを使ってマスクを作ることが流行っていました。子ども達はなんでも遊びに変えてしまいますが、子どもたちの心にこれ以上暗い影を落とさないよう、もうコロナとはサヨナラしたいです。


 子どもたちがみんな帰った後、駐車場に行くと、ほっとする光景が広がっています。駐車場のお隣のおうちの方が、イルミネーションを飾ってくださっているのです。そのイルミネーションは、なぜかご自宅の方ではなく、りんごの花保育園の駐車場側からよく見えるように光っています。道路からも見えにくく、りんごの花保育園の駐車場からしか見えないのです。りんごの花保育園の子どもたちのために飾ってくださっているのかなと思うほどです。


 寒い夜空の下、このイルミネーションを見ると、心が温かくなります。お隣のおうちの方にお会いしたら、一度尋ねてみたいと思っています。もし、そうだったら・・・。世の中には人を喜ばせたいと思っている方がちゃんといるのですね。人の温かさを信じてみたいと思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square