保育園を選ぶために・・・

 先日赤ちゃんを出産したN先生から、とても嬉しいメールをもらいました。N先生のご主人がりんごの花保育園のインスタを見てくれるようになり、それまでお子さんを預けるのは近くの保育園でいいんじゃないかと言われていたそうですが、保育園のことに興味を持ってくれるようになったそうです。


 N先生のメールには、新しい家族が増えた人たちが保育に関心を持ってくれたら、幸せな子どもたちが増えていくのではとも書いてありました。


 保育園はどこも同じと思われている方が多いということを改めて感じました。それならば、家の近くや駅の近くなど利便性が高いところを選ばれるのも当然だと思います。でも、一番人や環境の影響を受けやすい時期に、長時間、長期間、子どもたちが過ごす場所です。保育園が何を大切にしているか、どんな子どもに育てたいと思っているのか、子どもたちが心身ともに豊かに育っていくための保育活動や環境が準備されているのか・・・。何より子どもたちに関わる人たちがどんな人たちなのかがとても重要なのは明らかです。


 福岡市が保育園を選ぶ時に、5施設は見学をしてほしいと言っているのも、実際に見てわかることがたくさんあるからだと思います。見学をしているときに、保育室の環境や活動内容だけでなく、子どもたちの姿、子ども達と関わっているときの先生たちの姿や口調、子ども同士の関係性など、見てわかることがたくさんあります。


 毎日とても忙しい中、保護者の方が送り迎えをしなくてはいけないので、近いところや便利がいいところがいいと思われるのはよくわかりますが、そこで子どもたちがどんなふうに過ごし、育っていくかを想像して選んでいただきたいと思います。


 来週、りんごの花保育園に他の園から転園して入園するお子さんがいます。それまで通っていた園と信頼関係を持てなくなったことが大きな理由のようですが、そのお母さんが、見学に来られた時に、「保育園ってみんなあんなものなんですか!?」と言われた一言に心が痛みました。そんな言葉を言わせてしまったことを悲しく思いました。


 失われた信頼を取り戻すのはとても大変です。でも、りんごの花保育園を選んでくださったのですから、その思いに応えたいと思っています。


 保育園はどこも同じではありません。それぞれの園で大事にしていることが違います。保護者の方が、ご自身の価値観やお子さんがどのように育ってほしいかを考えて、選んでいただきたいと思っています。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索