top of page

少子化を止めなくては!

 一時保育で3歳児のKくんが時々登園しています。お母さんの里帰り出産のためなので、短い間ですが、今のところ楽しんでくれているようです。私の孫も2年前母親の出産のために、りんごの花保育園の一時保育を利用してとても助かりました。


 お腹が大きいお母さんが、活動力溢れるお子さんの相手をするのは大変ですね。昼間はお母さんと離れてお友達と遊ぶと気持ちが発散されて、安定します。それでなくても、もうすぐ赤ちゃんが生まれて生活が大きく変化する予感を感じているはずなので、お友達との楽しい遊びが不安定な心を支えてくれると思います。


 一時保育の利用を希望される方は多いのですが、なかなか応えることができません。もっと広い部屋があるといいのですが・・・。


 これまで国は少子化対策に様々な政策を行なって来ましたが、少子化に歯止めをかけることができませんでした。安心して子どもを産み育てる環境がまだまだ不十分ということでしょうか?


 福岡市では来年から第2子の保育料が無償化されます。全国的にも先進的な取り組みです。特に未満児の保育料は高額で、働いても保育料に全部消えてしまうという時代が続いていたので、効果は大きいと思います。


 少子化、格差の拡大は、この国の在り方を根本的に変えてしまう大きな問題です。日々、物価が高騰し、なんだか暮らしにくいなぁと思っているうちに、気づけば想像しなかった暗い未来がすぐそこに広がっているかもしれません。


 少子化対策は、この10年で効果を出さなくては取り返しがつかないと言われています。誰もが安心して子どもを産み育てる環境を作っていかなくてはと強く思います。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page