top of page

思うようにはいかない

 先日、福岡市は、11月より糸島市の待機児童を受け入れることにしたという新聞報道がされました。報道の翌日、糸島市に引越しをしたお子さんの保護者の方からその件で問い合わせがあり、私ももう一度りんごの花保育園に戻って来てくれるのではと、すぐに西区役所の担当部署に電話をしました。

 結果、今回の広域入所は、糸島市と隣接する西区の西部地域(?)にある保育園だけが対象で、他の西区の保育園での受け入れはできないということでした。がっかりです。

 糸島市に引越ししたものの、受け入れ先の保育園がなく、とても困っている人がたくさんいます。同じ西区なのに、なぜ受け入れができないのでしょうか。納得できずにいます。行政の壁は高いです。


 糸島市は県外からもたくさんの方が移住されている人気の土地なので、もうしばらく待機児童は増え続けるでしょう。でもそれも時間の問題です。これから少子化に向かい、保育園は園児の取り合いになるのかもしれません。待機児童対応で騒がしいのももう少しだと思います。そうなった時、保育園はどうやって生き残ればいいのでしょうか。

 あの保育園だったら安心して預けられる、子どもの良いところを認めて伸ばしてくれると信頼されることが一番ではないかと思っています。そんな園になれるよう、日々一人ひとりの子ども達を大事にしたいと思います。

特集記事
最新記事